大学受験に強い予備校四谷学院

四谷学院はとにかくコースが多い

このように、大学受験の四谷学院は高校生に限らず、小学生からそれぞれの段階に合わせて、様々な指導を提供しています。
四谷学院高卒認定試験コースは、高卒認定試験の合格を目指すコースで、新宿の教室で開講を行い提供されているものです。
1年以内の全科目合格を掲げていて、仮にもし出席率が9割以上で1年以内に合格できなかった場合、次回試験までの学費を免除する独自の制度が導入されています。
高卒認定試験の取得者に対しては、取得から1年半以内で大学受験を目標とする、高認からの大学受験コースも併設されます。
通信講座は主に大学生や社会人向けで、資格取得講座を中心に大学院の入試対策講座もあります。
こちらでも55段階学習プログラムを導入していますから、細分化してより確実な学習を実現する、このプログラムに同学院の独自性があるといえます。
55段階のシステムは、幼児や児童向けの発達支援を行う療育プログラムにおいても、幅広く活用して指導に活かしています。
55段階療育システムの特徴は、自閉症児と健常児に対する混合教育で実績がある、武蔵野東学園の協力を得て開発されていることです。
子供の発達に合わせて家庭で取り組める学習システム、これが55段階療養システムの独自性です。
大学受験の四谷学院では、更に看護師国家試験受験者向けのコースもあり、年間を通して日曜に授業を受ける仕組みや、春夏冬と季節別の講習も提供します。
社保特訓や直前講習にあたる短期講習もありますから、この看護国試コースも多くの人達に選ばれています。
看護国試コースは首都圏にある校舎で提供されており、各地から看護師試験の合格を目指す人達が集まります。
誰でも才能を持っていることを実績で証明している、それが予備校として掲げているキャッチコピーで、生徒に限らずスタッフの自己実現も合わせて達成できるのが魅力です。
誰もが目標に向かって挑戦が行える、そういった挑戦しがいのある環境を提供しているのが、この予備校の強みだと結論づけられます。
スタッフは皆自己実現を支援するプロばかりで、自らが予備校で指導する形で実現しているからこそ、説得力や自信があるわけです。
ただ単に創業から経営期間が長いだけでなく、独自に積み重ね改良されてきた指導システムを持っているので、独自性と魅力が備わります。
創業から一貫した理念を持っていることこそが、実績によって自信に結びつき、生徒達から支持される結果に至っています。
人を育て可能性を広げることで社会貢献を行っていますから、今後も目を離すことのできない、魅力的な学習や成長の場だといえるでしょう。

四谷学院の規模四谷学院の個別サポート四谷学院はとにかくコースが多い