大学受験に強い予備校四谷学院

四谷学院の規模

2019年に45年を迎える四谷学院は、1974年に創業している大学受験予備校で、創業時から一貫してブレーンバンク株式会社が経営を行っています。
名前は東京都新宿区の地名に由来があって、今では全国的に知られているほど知名度があります。
本社は同地域に所在しますが、いわゆる校舎は本社のある創業の地を始めとして、東日本地域と西日本地域を網羅しています。
北の札幌から南の九州地方まで、全国に30もの教室を展開しているのが特徴です。
同学院は英語の才能開発システムで知名度を高めており、数学の才能開発システムと合わせて、有名になった学院だといっても過言ではないでしょう。
2005年には革新的な独自の小学生、中学生向け55段階システムを導入していて、翌年の2006年になると通信教育のブレーンバンクをスタートしました。
後に四谷学院通信講座へと改名されていますが、それでも同学院の現在における中心的な柱となっています。
英語の才能開発システムは、東京都の推薦教材になったほどですから、同学院の教材開発能力の高さが窺えます。
それもそのはず、監修を行ったのは東京大学の名誉教授なので、完成度の高い教材が推薦されたのは当然です。
数学の才能開発システムも名誉教授の監修で、こちらは早稲田大学の教授が担当しました。

四谷学院の規模四谷学院の個別サポート四谷学院はとにかくコースが多い